×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




ターンテーブル


寒い日が続いたので、ラベルに美しい踊り子のプリントがしてあるレコードをターンテーブルに載せ、聴いてみることにした。

しかしなかなか音が鳴らない。

濃いブルーを背景に、踊り子はぐるぐる回っている。
時折かすかなホーンの音色が伝わってくる気もするが、どこから鳴ってどこへ響くのかが分からない。

針はすでに盤の後半にさしかかっていて、なおも踊り子はグルグル回っている。 プロでも流石に目が回るだろうな、と考えていたら、彼女、プリマドンナの姿勢のままピョコリと盤上にとび出し、円状のラベルを舞台に、跳びまわって踊りだした。

回転式のステージは濃いブルーの一色だったので、深い夜が執拗に巡っているようで、薄いホーンの音がよく似合う。

踊り子の小さなショウを眺めているうちに、針がスーッと中央のラベル部にたどり着き、片面が終わった。

とたん、ラベル内のみで律儀に踊っていた女は、渡し舟に飛び乗るように、針の接続されたアームの先端部にピョコリと移り、アームの花道をクルクルと渡ってどこかへ行ってしまった。

後には、舞台だけが真夜中の深さで回り続けていた。






bombBack bomb