×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




BUDDHAMNED!! -Introduction-

あの日、確かに少しの微熱をおでこに抱え
三角窓のモービルで裏庭をとびだし
赤屋根の裏はグリーンの幕で
カーテンコールに小さい鳥どもはしゃぎすぎだと戒めると
小鳥のようにクルクル動き回っていた娘の両目から
涙ほどのスズメが電柱目指して羽ばたき飛ぶので
裏山への近道をリトルホンダに乗り換えて
扉の向こう側までふかしていきました。

そこには、屋上遊園めいたまったく他人事の景色が眺められ
森の鳥たちのさえずりは、大鴉の不安で電線を伝わり
前にならった電柱にポウと黒い花を咲かせます。

花壇に囲まれた静かの池にはゆらゆら蠢く七色の陰
街のネオンやビルの灯りが池に垂れると、波紋に細かく刻まれている
色とりどりのインクが壷から流れ出ています。

助手席の彼女は両目を覆っていた手を外し、丸い空洞でジイと見つめてくる。

ガランドウになった小箱は瑪瑙の響き
左の心がグウと鳴るのを我慢して
射抜かれた視線の矛先見上げれば
額を火照った太陽に
五体の銀河系は瀕死のあえぎをポンと吐き出した。

未確認飛行物体然とした形に動き、裏山の、東の空が朝焼け模様でS O S!
切り絵細工の影絵の帽子が、ピンで茜色のショールに留められています。

「ありゃなんだい?」
「こりゃあたまげた、UFOだ!」






bombBack bomb